コラム

【誤解】動画編集が難しいと感じるのはワケがある【みんながハマる落とし穴】

  • 動画編集が難しいと感じてる
  • Youtubeで見るような動画がうまく作れない
  • 動画編集がうまくなる裏技を知りたい

今回の記事では

動画編集を始めてみたけど、思う通りに動画が作れなくて難しいと感じて心が折れそうな方

に向けて、動画編集をどうやって行けばいいかをお伝えします

本記事の内容
  1. 動画編集が難しいと感じる人がハマっている落とし穴
  2. 動画編集が難しくて悩む人がどうすればいいのか
  3. 動画編集が難しいと感じる人が考えがちなこと

「動画編集って簡単で誰でもできるって聞いてたから始めてみたけど、実際やってみたら難しい」

こんな意見がたくさん聞こえてきたので、そのような悩みをすこしでも軽くしていきたいと思います

動画編集を難しいと感じる理由は、実は自分のレベルに合っていない編集をやろうとしてるだけ

これは経験が豊富になったら、難しいと感じなくなるわけではありません

本当なら初心者でも動画編集は難しくないはずです

本記事を読めば、動画編集を難しいと感じてる方が落ちている落とし穴の正体に気づき挫折しなくて済みます

難しいと感じている人は、自分がどういう状態になっているか知りましょう

私も以前は動画編集をやっていて

「難しい、全然うまくいかない、どうやれば他の人みたいに良い動画が作れるのと悩んでいた時期もありました

挫折しそうになったいたときに、難しいと感じる原因を知って動画編集を続けることができました

同じように感じている人は早めに解決しておかないと待っているのは挫折です

挫折してしまう前に動画編集を難しいと感じる原因を克服していきましょう

動画編集を難しいと感じているのは実は思い込みです

動画編集はスクールで学ぼう!

おすすめ動画編集スクールBEST10

動画編集が難しいはそもそも間違い

動画編集が難しいはそもそも間違い

✓動画編集が難しいと感じる理由

  • 作ろうとしている動画が自分のレベルにあっていない

動画編集が難しいそう思っている人がハマっている落とし穴の正体は次の2つが適正でないからです

  • 自分の編集スキル
  • 作ろうとしている動画のレベル

やりたいこととスキルが合っていないため、うまくできず動画編集が難しいと感じてしまいます

誰でもいきなり大きな壁を超えるのはできないものですが、そこで難しいと思って諦めるのは非常にもったいないことです

高い壁でも少しずつ階段を上るように進んでいけば超えることができます

自分のレベルに合ってないことをやろうとすると難しいのは当たりまえです

動画編集って難しくはない

✓動画編集でやること

  1. データを取り込む
  2. カットする
  3. BGM、効果音を入れる
  4. 字幕をつける
  5. エフェクトを付ける
  6. 音量の調整
  7. 出力して確認する

動画編集を難しいと感じている方はあらためて、動画編集でやるべきこれらのことを思い出してみてください

基本的な動画編集の勉強をしてきた方なら、一通りできる様になっているでしょう

問題なくこれらのことができるようになっていれば、動画編集をできると自信を持って言えます

今の時代、小学生でも動画編集をやってYoutubeやTiktokに動画を投稿している時代です

小学生でもできる動画編集が難しいわけはありません

この事実を忘れずに動画編集と向き合ってみましょう

動画編集は子供でもできることです

そう考えると難しいわけではありません

なぜ動画編集を難しいと感じてしまうのか

✓動画編集が難しいと感じてしまうワケ

  • 身近にある動画は実はレベルが高すぎる
  • そういう動画はプロが作っている
  • もしくは長年編集をやっている人が作っている

この数年で動画コンテンツが多くなり一般的になりました

動画コンテンツが身近になったことで、「自分にも同じような動画が作れる」と感じて動画編集を始める方が増えています

しかし、普段よく見る人気のある動画投稿者の多くは編集をプロに依頼しているので、初心者が簡単に真似できるようなものではありません

普段からクオリティの高い動画を常に見ていることで、同じようなものが簡単にできると思いこんでいることが動画編集を難しいと感じる最大の原因です

動画コンテンツでよく見る動画はプロが作っているので、同じものがつくれると思うと難しいと感じてしまいます

自分のレベルをちゃんと把握しよう

✓自分のレベルを知っておく理由

  • 自分の編集スキルレベルを知らないと、何を学ぶべきかわからない

動画編集が難しいと感じている方には申し訳ないのですがはっきりといいます

あなたが作ろうとしている動画は、あなたのスキルでは力不足です

自分の力量をきちんと把握できていないため、実力以上の動画を作ろうとしていることが難しいと感じる原因です

難しいと感じる動画を作るのはやめて、自分でもできそうな動画を探して作るようにしていきましょう

自分のレベルよりも高いことをやろうとすると難しいと感じます

できるかどうかはソフトによることも

✓ソフトの落とし穴

  • 使用する編集ソフトによって、表現できないこともある

あなたが今使っている動画編集ソフトは何でしょうか?

無料の動画編集ソフトを使っていたりすると、それだけでも表現できないことがたくさんあります

ソフトによって表現できないことを自分のスキル不足でできないと勘違いしてしまうことも動画編集を難しいと感じている人によくあります

作りたい動画がどんな編集ソフトで作られているか調べてみよう

当サイトでは動画編集ソフトはAdobeのプレミアプロを推奨しています

推奨している理由は次の通り

  • Premiere Proなら表現できないことはないほど高性能
  • 副業などで仕事を引き受ける上でも有利
  • ネット上に情報が多く、学びやすい

≫【徹底調査】プレミアプロを一番安く使う方法【AdobeCCも比較】

動画編集ソフトでできないことを自分のスキル不足と勘違いしているかもしれません

動画編集が難しいと感じる人はどうすればいいのか

動画編集が難しいと感じる人はどうすればいいのか

✓動画編集が難しいと感じる人がすべきこと

  • メンタルブロックを取り払う
  • 自分のスキルを把握する
  • 簡単な編集からレベルアップ
  • 数をこなして成功体験を重ねる

動画編集が難しいと感じるのは自分のスキルが低くて作ろうとしている動画のレベルが高いからです

難しいと感じている方が知りたいのは、レベルの高い動画を誰でも簡単に作れる方法ではないでしょうか?

楽して簡単に動画編集のレベルが上がるような方法は残念ながらありません

ここで紹介する方法も楽して誰でも簡単にできるのものではないので、地道にコツコツ継続していきましょう

それでは一つずつ紹介していきます

楽してすぐに動画編集がうまくなる方法はありません

メンタルブロックを取り払う

✓メンタルブロックとは

  • 何か行動を起こそうとした時に「自分にはきっとできないだろう」と自分自身を抑止したり、制止したりする思い込み

まず最初にこれだけはやってほしいこと、それが「メンタルブロックの解除」です

「どうせ自分には動画編集はできない、、」というネガティブな思い込みを辞めるところがスタートラインです

最初から精神論だと思う方もいるかもしれませんが本当に大事なことです

すこしでもネガティブな感情が溢れてきたら次のように繰り返し思い出してください

  • 動画編集は小学生でもできる
  • 自分にできないわけがない

自分を肯定的に捉えることで、メンタルブロックは徐々に解除されていきます

ネガティブに考える思考を無くせるかがとても重要です

自分のスキルを把握する

✓スキルを把握するには

  • 自分のできることを一つずつ数えよう

あなたはどんな編集ができるか聞かれてすぐに答えられますか?

これをすぐに答えられる人は意外と少ないです

少ない理由はできることが少ないわけではなく、あなたのできることを把握していないことにあります

自分のスキルは整理しておかないと、意外とすぐに言えないものです

まずは、あなたにできることを細かく丁寧にリストアップしていってきちんと把握しておきましょう

✓リストアップの例

  • カット
    • スタンダードカット
    • ジャンプカット
    • Jカット&Lカット
    • ・・・etc
  • テロップ
    • 扱えるフォント
    • 配置による見え方の工夫
    • 文字の大きさでの表現
    • ・・・etc

できることをリストアップしたら、できないことを探すのも簡単にできます

できることをまとめてみるとできることの多さにも気づけます

簡単な編集からレベルアップ

✓簡単な編集の例

  • カット
  • BGM追加
  • 音声のバランス調整

動画編集ってこだわり続ければどこまでも細かいことができてしまいます

あまりこだわりすぎると1つの動画を作るのにかかる時間がかかりすぎてしまいます

編集時間が長くなり続けてしまうのは良くないのでやることを限定しましょう

  • カットはスタンダードカットのみ
  • BGMは1曲
  • 効果音は3種類まで
  • エフェクトは使わない

このようにやらない編集を決めて、やることだけをきっちりしてみましょう

決めたことだけをまずは練習すれば、より成長しやすくスキルアップを実感しやすくなります

全部を一気に学ぼうとすると大変なので、決めたことだけ徹底しよう

数をこなして成功体験を重ねる

✓数をこなす理由

  • 数をこなさないと気づけないことがある

動画編集を学んですぐにスキルが身についたら嬉しいですが、実際2動画編集のスキルを身に着けようとするとたくさん数をこなさないと身につきません

それは動画編集が知識だけではなく、何度も行うことで身につくスキルだからです

✓数をこなさないとわからないことの例

  • カットの間のとり方
  • 音声のバランスの調整
  • 動画の明るさ
  • テロップの表示の仕方

このようなことは動画や本などで学ぶだけではうまくいかないでしょう

経験を積んでからようやく状況に応じて、ちょうどいい編集ができるようになります

動画編集の感性を磨くには繰り返し手を動かすことが必須です

しっかりとスキルを身につけるためには、楽な方法はないので地道に経験を積みましょう

学ぶだけではわからないこともたくさんあります

そういうことは経験を積んでいくしかありません

基本的なことを早くできるようになりたいなら

✓早くひとり立ちしたいなら

  • 動画編集スクールを使うと独学よりも早く上達する

当然ながら動画編集スクールはお金がかかります

その分早くスキルアップできるので、高速道路の料金のようなものです

早くスキルアップをして前に進みたい人は動画編集スクールにお金を使うことも価値のあることだと言えるでしょう

スクールに興味がある人はこちらの記事を御覧ください

≫【無料あり】おすすめ動画編集スクールランキングBEST10【必ず編集が上手くなる】

早く成長したいなら、動画編集スクールを活用しましょう学ぶべき

動画編集ソフトがお得に使えるスクールもある

✓お得なスクール

  • デジハリのAdobeマスター講座を使おう

もしプレミアプロを使おうとした場合、通常の料金プランでは次のようになっています

プラン年間プラン(一括払い)
Premiere Pro単体プラン¥28,776/年
AdobeCCプラン¥72,366/年

✓AdobeCCとは

  • Premiere Proをはじめ、Photoshop、 Illustratorなど20以上のアプリ
  • 20,000以上のフォント
  • 100GBのストレージ

これらが使えるプラン

デジハリのAdobeマスター講座なら、このAdobeCCが39,980円で1年間使えます

その他にも動画教材や課題の添削もしてくれるので、動画編集をやるなら必ず利用してAdobeCCを購入したほうがお得です

≫デジハリのAdobeマスター講座はこちら

デジハリのAdobeマスター講座からの登録で、AdobeCCが通常より安く使えます

もっとスキルを磨くには

✓より高い技術がほしいなら

  • 動画編集の専門書で学ぶ
  • 動画制作の仕事に就く

基本的な動画編集さえできれば、あとは表現力を磨くだけでも差別化した編集ができるようになるでしょう

しかし、それ以上にスキルでも差別化をしていきたいという人には

  • 本で学ぶ
  • 動画制作会社に就職する

このどちらかをすると、より高い技術が身につきます

本については、たくさんあってどれを選んでいいかわからないという声をよく聞くので、別の記事におすすめな本をまとめてあります

≫【厳選13冊】動画編集におすすめな本【目的別にピックアップ!】

この記事の中から気になる本を選んでみましょう

本格的に仕事にして、スキルを身につけたい人は就職エージェントなどで探すと自分にあった就職先を見つけられます

より高いスキルがほしいなら、もっと踏み込んで学びましょう

動画編集が難しい感じる人が考えがちなこと

動画編集が難しい感じる人が考えがちなこと

✓難しいと感じる人が考えがちなこと

  • 一気にスキルアップできる方法はあるのではないか?
  • あまり手を加えない編集のやり方は?
  • 難しいことはを外注できないか?

動画編集が難しいと感じている人が考える解決方法にこのようなことがあります

それぞれの方法は効果があるのか解説していきましょう

難しいと悩む人が考える解決方法は効果があるのでしょうか?

一気にスキルアップできる方法はないか?

✓一気にスキルアップする方法

  • 早くスキルアップする方法はない!

残念な回答となりますが、早く楽に成長する方法はないのが現実です

「簡単に、楽に、早くスキルアップできる方法を教えます」

こんなふうに勧誘してくる人は99%詐欺まがいの情報商材を販売しているので全力で回避しましょう

どうすれば一番効率よくスキルアップできるか?という疑問の答えは動画編集スクールでプロの講師に教えてもらうのが一番早く成長できるでしょう

動画編集はスクールで学ぼう!

おすすめ動画編集スクールBEST10

簡単に成長する方法はありませんが、動画編集スクールが一番有効です

あまり手を加えない編集のやり方は?

✓少ない編集でいい動画を作れる

  • 編集を少なくていい動画を作るほうが難しい

動画編集が難しいのなら、

  • 編集がいらない
  • 簡単な編集だけでいい

このように編集しなくても良い動画を作ればいいと考える方もいるでしょう

別の角度から物事を考えられる方の発想力は素晴らしいと思います

ですが、動画制作に関しては編集をあまりしなくてもクオリティの高い動画というのはかなり作るのが難しいものです

あまり手を加えずに良い動画を作りたいなら、映像の撮影までに相当作り込む必要があります

そこまで作り込むくらいなら、編集の技術を磨くほうが簡単です

世の中の多く動画が編集で作られているのにはこのような理由があります

  • すっぴんでもきれいな方
  • 化粧をしているきれいな方

上記のようなイメージでどちらが探すのが難しいか想像できると思います

動画編集なしで良い動画を作るのは、編集を頑張るよりも何倍も難しいです

難しいことはを外注できないか?

✓外注の問題点

  • 依頼者にスキルが無いと、指示が難しい

自分で動画編集をするのが難しいなら誰かに頼るのは良い選択肢です

外注できる予算があるのなら自分で編集しないというのも一つの手段ではありますが、自分のスキルが足りない状態で外注するのはリスクもあります

✓スキル不足で外注するリスク

  • 曖昧な指示をしてしまう
  • 手間が増えて費用の増加
  • 知識不足で多めに請求をされる

動画編集は一連の流れで編集を進めていきます

適切なところで指示ができていれば簡単な修正で済んだことも、指示の時期が悪ければ修正に大きく時間がかかることもあります

そのような場合は通常よりも費用がかかってしまうことも理解した上で外注するようにしましょう

  • 時間短縮
  • プロのセンスがほしい

本当は自分でもうまくできるけど、このような理由で外注するというほうが良いでしょう

外注するのは良いけどできるなら自分ができないことは人に任せない方が良いです

動画編集が難しいなら、できることからやろう

✓動画編集を難しいと感じる人がやるべきこと

  • メンタルブロックを取り払う
  • 自分のスキルを書き出す
  • すこしずつできることを増やす
  • 数をたくさんこなす

動画編集は今の時代、小学生でもできる人がいます

そう考えると動画編集自体は決して難しいものはありません

しかし、動画コンテンツが身近になったおかげで身の回りにはクオリティの高い動画が多く見られるようになりました

クオリティの高い動画を見慣れてしまっているばかりに、自分の編集した動画のクオリティが低くく見えてしまうこともあるでしょう

ですが、そうした動画はプロのクリエイターが作っているものです

レベルの高いところを見て挫折してしまうよりも、地道にすこしずつ諦めないで継続するようにしましょう

勉強方法に困ったら動画編集スクールも検討してみてください

動画編集はスクールで学ぼう!

おすすめ動画編集スクールBEST10